2016-07-13

SING STREET




ダブリンの80年代の鬱屈した男子高校生の話。

憧れの彼女に近づくためにバンドを結成し、ごたごたした家庭の事情や頭の固い大人に囲まれつつも音楽で発散しながら成長する

って言ったら、まあなんとあたり前のストーリー。
そして、何のどんでん返しもなく、まっすぐ、まっすぐ進んで行く。

のだが、それが気持ちがいいことと言ったら。

主役の男の子の変貌ぶりにときめき、ベースの効いた80年代ロックにしびれ、それにまつわる小ネタ(ふふふ、若者じゃあわからんだろう)にニヤリ。

ロックと言うのは、出口が見つからずもがいている若者に似合うと改めて。
それでも、おばちゃんは続けるけどね。

0 件のコメント:

コメントを投稿