2017-01-27

2016年に読んだ本

ひゃー、1月も終わりそう。
慌てて、去年読んだ本のまとめ。
1~3月で試験勉強してて、本断ちしていた割には読めたかな。移動と待ち時間の多い仕事だから。
ベストは、王とサーカス。理由は単純で、ネパールが舞台だから。
難民調査官も面白かった。

=====

読んだ本の数:53
読んだページ数:17547
ナイス数:578

森は知っている森は知っている感想
虐待を受けた子供たちが、どうやったら日々成長して大人になっていけるのか。こうしなければ、生きていけないのかと思ったら心が痛みます。その後の主人公を追うために、「太陽は動かない」に続きます。
読了日:01月28日 著者:吉田 修一

太陽は動かない太陽は動かない感想
森は知っているで、鷹野たちの背景を知っているだけに読んでいて切ない。スパイ物としては、びっくりする構成ではないけれど、スピード感あって面白かった。
読了日:02月03日 著者:吉田 修一


友罪友罪感想
先に読み進むのが怖かった。でも、根底に流れている性善説に共感する。実際にそのような場面に遭遇したらどうかはわからないけれど。
読了日:02月09日 著者:薬丸 岳


(055)貧困の中の子ども (ポプラ新書)(055)貧困の中の子ども (ポプラ新書)感想
親が悪いと言うのは簡単。でも、そう言ったところで、子供の可能性を環境で決められてしまっていいのか。必要なところに的確に支援がいく方法を考えないと。
読了日:02月12日 著者:下野新聞子どもの希望取材班


エアー2.0エアー2.0感想
震災関係、辛い本が多い中、スカッと丸かじり。振り返るのも大事だけど、前に進むことも大事。いっくら合理的に考えても、非合理なことは起こるのだ。それでも前に進みたい。
読了日:03月18日 著者:榎本 憲男


ワイルド・ソウル〈上〉 (新潮文庫)ワイルド・ソウル〈上〉 (新潮文庫)感想
全く語られてこなかったあれこれ、そのまま風化してしまえば、将来同じようなことが起こらないとも限らない。 復讐劇は今のところ痛快だが、それまでの話は酷過ぎる。
読了日:03月29日 著者:垣根 涼介


ワイルド・ソウル〈下〉 (新潮文庫)ワイルド・ソウル〈下〉 (新潮文庫)感想
テンポよく一気に。酷い過去、その復讐劇、その渦に巻き込まれつつも成長していくひとりの女性。こういう形で過去の愚業を白日の下にさらすのはアリだと思います。
読了日:04月01日 著者:垣根 涼介


オールド・テロリストオールド・テロリスト感想
確かに、今覚悟を持って行動して行ける人って、戦争を経験した後日本を牽引して行った人たちなのかも。著者のこの手の作品は、最後にパワーダウンしてしまうことが多かったけれど、今回はまだマシかな。でも、最後もう一捻りあってもとも。
読了日:04月06日 著者:村上 龍

いまのはなんだ? 地獄かないまのはなんだ? 地獄かな感想
子供は親をえらんで生まれてこない。親は、子供を産んだだけで親になれるわけではない。だから、何でもかんでも親のせいにするな、と思うけど。 最初のエピソードでちょっと不安はあったけど、やっぱりそうか…。
読了日:04月22日 著者:花村 萬月

消滅 - VANISHING POINT消滅 - VANISHING POINT感想
テロリストものにしては、なんか危機感がなく、会話も刺々しくないし、登場人物も何となく優しい。こういうテロものがあってもいいかも。 最後は、これでいいのか…。
読了日:04月27日 著者:恩田 陸


傷口から人生。 メンヘラが就活して失敗したら生きるのが面白くなった (幻冬舎文庫)傷口から人生。 メンヘラが就活して失敗したら生きるのが面白くなった (幻冬舎文庫)感想
今の就活って何なんだ?
就職って終職じゃないはずなのに、これに失敗したら一生台無しみたいな様相。大体会社だっていつ終わるかわからないのに。もっと気楽に仕事につける世の中にはならないのかなあ
読了日:05月06日 著者:小野 美由紀

象牙色の眠り (文春文庫)象牙色の眠り (文春文庫)感想
ふーむ、半分だけ当たった。
物わかりのいい女にはなるまいと、決める。
読了日:05月10日 著者:柴田 よしき


旅の闇にとける (文春文庫)旅の闇にとける (文春文庫)感想
九州の電車の旅、ミャンマーの気球や船の旅、中国の各都市と歴史、どれも未経験のもので、訪れたくなった。でも、もっと生々しいエピソードや視点があったら、もっと引き込まれていたかも。淡々とした視点はそれはそれでいいんだけど。
読了日:05月24日 著者:乃南 アサ

聖母聖母感想
色々ギリギリまで明かされないネタがあり、矛盾もあり、そして、猟奇的な母性愛。なんか、すっきりしない。
読了日:05月25日 著者:秋吉 理香子


王とサーカス王とサーカス感想
ミステリーが主題ではない。もっと根源的な、人間の多面性とか、報道の影響力とか。ネパールに滞在していたので、その空気感を楽しめたのもプラス。
読了日:06月01日 著者:米澤 穂信


海は見えるか海は見えるか感想
前編があるようだが、そちらは未読。東北大震災の被災者の子供達(主に)と阪神大震災に被災した教師との交流。子供達を支えられるほど大人は強いのか。そして、何が正しいのか。読みながら、考えたけれど答えは出なかった。まずは、考えるきっかけとなる本に感謝。
読了日:06月06日 著者:真山 仁

やせる石鹸やせる石鹸感想
確かに、世の中のデブ扱いは酷い。それは、自己管理をさぼっているという先入観があるからか。その中で、葛藤がありながらも前に進んで行く巨デブたちに拍手だった。
読了日:06月08日 著者:歌川 たいじ


辺境・近境 (新潮文庫)辺境・近境 (新潮文庫)感想
今となっては辺境という場所はほぼない状況の中で、自分の中での辺境を語っているというのが、伝わってきた。行けるところがいくつあるかは分からないけれど、同じ場所に立って自分の感じ方と比べてみたい。
読了日:06月22日 著者:村上 春樹

国境のない生き方: 私をつくった本と旅 (小学館新書)国境のない生き方: 私をつくった本と旅 (小学館新書)感想
地球サイズに生きる、とか、地球に愛されるように生きるとか、目の前のあれこれに煩わされずにスケールの大きな生き方。いいなぁ。
読了日:07月02日 著者:ヤマザキ マリ


病み上がりの夜空に病み上がりの夜空に感想
途方にくれながら、でも専門家として何とか療育していこうとする父親。家族だからできることが沢山ある一方で、家族だからできないこともあると、思うのは当事者じゃないからか。
読了日:07月07日 著者:矢幡 洋

熱波 (角川文庫)熱波 (角川文庫)感想
沖縄が複雑な状況なのはわかるが、米軍を出動させたり、民謡を踊って解決、と言うのはちょっと安易な展開では?まあ、スピード感あって楽しめましたが。
読了日:07月14日 著者:今野 敏


五分後の世界 (幻冬舎文庫)五分後の世界 (幻冬舎文庫)感想
人間が「無知」を克服するためには、すごく多くの犠牲が必要、確かにそうなのかも知れない。いつもの過剰グロテスク表現には、多少辟易したけれど、根底に流れる考えは共感した。
読了日:07月24日 著者:村上 龍

世界地図の下書き世界地図の下書き感想
嫌なこと、辛いことがあったら、逃げる。逃げることは別の行き方を見つけることで、新しい希望を見つけることで。って子供だけじゃなくて、今辛い大人みんなに伝えたい。
読了日:08月04日 著者:朝井 リョウ


エストニア紀行―森の苔・庭の木漏れ日・海の葦エストニア紀行―森の苔・庭の木漏れ日・海の葦感想
絶滅種を保護して放つ先は、人間の住めなくなった所。何よりも人間と言うか、経済が生態系にとって悪なのか。国とか民族とかなんて、ほんのちっぽけなものなのに。
読了日:08月17日 著者:梨木 香歩


バラカバラカ感想
桐野作品なので、厳しい内容なのは覚悟の上。宗教、人身売買、人種差別、原発事故、と問題提起がてんこ盛りで絡み合っている。でも、問題の中心は、大人の都合で振り回される子供の不幸。フィクションとも言い切れず、スリリング。一気読みでした。
読了日:08月19日 著者:桐野 夏生

スクラップ・アンド・ビルドスクラップ・アンド・ビルド感想
今までできたことが出来なくなっていき、子供には罵られ、身体中痛くなったら、「死にたい」と言いたくなるのもわかる。でも、人間の生の執着は凄いのだ、多分。若い男性からの視点で書かれているのが、新鮮。
読了日:08月22日 著者:羽田 圭介

難民調査官難民調査官感想
取り扱っているテーマが漠然としか分かっていない難民だったので、しっかり読み込む必要があったが、単純に難民を受け入れるべきとか、他の国と合わせるとかではなく、日本にとって最適な解は何なのか考えされられた。
読了日:09月02日 著者:下村 敦史

キッチンぶたぶた (光文社文庫)キッチンぶたぶた (光文社文庫)感想
大人の童話?色んなぶたぶたシリーズがあるようだけど、私はこのシェフのぶたぶたさんが初対面。重いテーマの本の合間に、ほわっといい匂いがするような本だった。
読了日:09月04日 著者:矢崎 存美


君の膵臓をたべたい君の膵臓をたべたい感想
すべての行為は自分が「選択」してやってるんだ、と気づかせてくれる本。対象は高校生かもしれないけど、この本を「選択」したのだって、私の意志だからいいのだ。最初の1ページで、「人前で読むな」と警告してくれるのは親切。
読了日:09月06日 著者:住野 よる

予定日はジミー・ペイジ (新潮文庫)予定日はジミー・ペイジ (新潮文庫)感想
ジミーペイジに引っ張られて手に取り、そんなこともあったなあと、無性に焼鳥が食べたくなりながら読んだ。てっきりドキュメンタリーだと思っちゃった
読了日:09月08日 著者:角田 光代


くまモンの秘密 地方公務員集団が起こしたサプライズ (幻冬舎新書)くまモンの秘密 地方公務員集団が起こしたサプライズ (幻冬舎新書)感想
ゆるキャラ全盛期に日本にいなかったので、何これ?と思ってたがくまモンは取っつきやすかった。コンセプトがしっかりしてて、オープンで、わかりやすい風貌が決め手?熊本地震に対する動きとして続編があるといいな。熊本行きたい。
読了日:10月11日 著者:熊本県庁チームくまモン

そして、星の輝く夜がくるそして、星の輝く夜がくる感想
先に続編「海は見えるか」を読んでしまったので、ベースはここなのね、と。子供は大人より先入観がない分強いということはあるかも、支えてくれる大人がいれば。
読了日:10月14日 著者:真山 仁


ガンルージュガンルージュ感想
この作家は、かっこいい女性が好きなのか?この作品も2人の突き抜けてかっこいい女性が「あり得ない」活躍を。ドキドキすることもなく、痛快正義が勝つ話。
読了日:10月19日 著者:月村 了衛


山女日記山女日記感想
山は、見えなかった部分が見えたり、その時しか見えないものが見えたり。山に向かう女心かな?テーマは。行きたい山が増えた。
読了日:10月20日 著者:湊 かなえ


ドミノ倒しドミノ倒し感想
この作者でも、こういうの書くんだ〜という驚き。悪くはないけど、署長はどうなったのか気になる。
読了日:11月02日 著者:貫井 徳郎


ブラック・ドッグブラック・ドッグ感想
テーマは共感を覚えないわけではないけれど、ちょっとグロいシーンが多すぎ。いい人もやられちゃうのがなぁ。
読了日:11月08日 著者:葉真中 顕


雪の練習生雪の練習生感想
最初は、何これ?と戸惑ったがだんだんシロクマの気持ちに寄り添えるようになった。
読了日:11月14日 著者:多和田 葉子



虚人の星虚人の星感想
おもしろかったなー。最初はまた多重人格物か、と思ったけど、とっても上手に調理、さすが。こんな総理大臣熱望。
読了日:11月23日 著者:島田 雅彦


ミッドナイト・ジャーナルミッドナイト・ジャーナル感想
偶然、2作連続でこの著者の作品を。サスペンス絡みなので、こちらの方が読み応えある。どちらも特ダネを追い求めてトップの意向を無視する記者魂の塊が主人公。本当に職場にこういう人がいたら大変だけど、お仕事小説には不可欠。
読了日:12月05日 著者:本城 雅人

カルト村で生まれました。カルト村で生まれました。感想
理想を実現させるには、それなりの制限が必要なのでしょうけれど、この本の目的は何なんだろう?
読了日:12月11日 著者:高田 かや


ムーンナイト・ダイバームーンナイト・ダイバー感想
残されたものが残されてよかったのかと振り返り申し訳なく思うよりも、生かされていることに感謝して前に進むべき、と伝えてくれる本。終わり方がいい。
読了日:12月14日 著者:天童 荒太


終わった人終わった人感想
片足突っ込んだ立場としては、身につまされることは、沢山あったが、ここまでバッサリ書けるのは、やはり女性作家だからでしょう。品格ある衰退をして行くために、みんなあがくんだよね。
読了日:12月16日 著者:内館 牧子

読書メーター


0 件のコメント:

コメントを投稿